「つまるところ」の意味と使い方や例文!「とどのつまり」との違いは?(類義語・対義語)

【言葉】
つまるところ

漢字では「詰まる所」と書きます。

【意味】
いろいろな考えをまとめる意を表す。結局。つまり。

【語源・由来】
「詰まる」は「最後のところまでいく。行きつく。」

【類義語】
結局、つまり

【対義語】
さて、ところで

【スポンサーリンク】

「つまるところ」の使い方

健太
どうすれば合格することができるのかな。
ともこ
毎日コツコツ勉強するしかないわよ。つまるところ努力次第ってことね。
健太
神頼みじゃなくて?
ともこ
素力した上での神頼みよ。

「つまるところ」の例文

  1. つまるところ本人の自覚の問題だ。
  2. つまるところ実力がないということだ。
  3. 彼らの要求はつまるところ金なんでしょう。
  4. つまるところ君に責任をとる気があるかどうかだ。
  5. つまるところ僕はともこちゃんの気持ちを理解していなかった。

「つまるところ」と「とどのつまり」の違いは?

つまるところ」に似ている語に、「とどのつまり」があります。

とどのつまり」は、ボラは成長するとともに名称が変わり、最後にトドという名になるところから、「いきつくところ。結局。」という意味です。

多く、思わしくない結果である場合に使われます。

つまるところ」も「とどのつまり」も結局という意味は同じです。

しかし、「つまるところ」が良い結果にも悪い結果にも使うことができるのに対して、「とどのつまり」は思わしくない結果に使う点が違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本