「然るべき」の意味と使い方や例文!「然るべき対応」とは?(類義語)

【言葉】
然るべき

【読み方】
しかるべき

【意味】
①(連体詞的に用いて)適当な。ふさわしい。
②(「…てしかるべき」の形で)当然である。当たり前だ。

【語源・由来】
連語「しかるべし」の連体形。

【類義語】
適当、適切、適正、適した、妥当、相応、当然

【スポンサーリンク】

「然るべき」の使い方

ともこ
あの事件の容疑者が逮捕されたんだって。
健太
でも、噂では然るべき理由もなしに逮捕したらしくて、冤罪じゃないかって言われているよ。
ともこ
本当だったらひどいわね。
健太
早く逮捕してほしいけれども、冤罪はだめだよね。

「然るべき」の例文

  1. 健太くんは罰せられて然るべきだ。
  2. 然るべき人を仲に立てる。
  3. 然るべき対策を考える。
  4. 一言挨拶があって然るべきだ。
  5. 然るべき手続きをとる。

「然るべき対応」とは?

然るべき」は、ビジネスの場面で「然るべき対応」という使い方をします。

然るべき対応」とは、適切な対応のことをいいます。

「チケットの転売行為は看過できません。悪質な事案は然るべき対応をしてまいります。」というように、注意や警告、または法的手段を示唆する言葉として使われることが多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本