「堂々巡り」の意味と使い方や例文!「いたちごっこ」との違いは?(類義語・対義語)

【言葉】
堂々巡り

【読み方】
どうどうめぐり

【意味】
①祈願のために、仏堂などのまわりをぐるぐるまわること。
②同じようなことが何度も繰り返され、進行しないこと。
③国会で投票によって議決するとき、議員が演壇上の投票箱に順次投票することの俗称。

【語源・由来】
僧侶などが、祈願のために仏堂などのまわりをぐるぐるまわること。

【類義語】
躊躇、気迷い、狼狽、膠着、停滞

【対義語】
問題解決、折り合いが付く、けりが付く、決着、推進

【スポンサーリンク】

「堂々巡り」の使い方

健太
この会議はいつ終わるのかな。
ともこ
議論が堂々巡りしているわね。
健太
お腹がすいたよ。
ともこ
いつの間にかお昼ご飯の時間が過ぎているわね。早く終わってほしいな。

「堂々巡り」の例文

  1. 両者の話し合いは堂々巡りだった。
  2. 頭の中で同じ考えが堂々巡りするばかりだった。
  3. 今君とこの話をしても堂々巡りになるだけでしょう。
  4. 一人で悩んでいても堂々巡りになるだけだ。
  5. 堂々巡りになることは避けたい。

「堂々巡り」と「いたちごっこ」の違いは?

堂々巡り」に似ている語に「いたちごっこ」があります。

漢字では、「鼬ごっこ」と書きます。

いたちごっこ」は
①子供の遊戯の一。二人が「いたちごっこ、ねずみごっこ」と唱えながら、互いに相手の手の甲をつねって自分の手をその上にのせ、それを交互に繰り返す遊び。
②①の遊びはきりがないところから、互いに同じようなことをいつまでも繰り返すだけで、決着がつかないこと。

という意味です。

堂々巡り」は、「誰かに悩みを打ち明けないと、頭の中で堂々巡りになりそうだ。」というように、一人でも使える言葉ですが、「いたちごっこ」は、「詐欺グループと警察のいたちごっこ。」というように、複数人いないと使えない言葉という違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本