「切に願う」の意味と使い方や例文!「切に祈る」との違いは?(類義語)

【言葉】
切に願う

【読み方】
せつにねがう

【意味】
しきりに望みもとめる。心からそうあってほしいと思う。

【語源・由来】
「切に」は「しきりに。心をこめて。」
「願う」は
①神仏に、希望の実現することを祈る。祈請する。願をかける。
②望みがかなうように請い求める。望み求める。
③こうしてほしいことを人に頼む。助力や配慮を求める。
④公の機関に希望することを申請する。請願する。
⑤商店で、品物を客に買ってもらう。
⑥動詞の連用形や動作性のある漢語の名詞などに付いて、「…していただく」などの意を表す。

【類義語】
渇望、切望、待望、強く願う

【スポンサーリンク】

「切に願う」の使い方

ともこ
健太くんの名前は健康であってほしいと両親が切に願ったから?
健太
そうなんだ。
ともこ
名前の通りになったわね。
健太
風邪一つひかないからね。両親のおかげだよ。

「切に願う」の例文

  1. これからのご活躍を切に願っております。
  2. 生れ変るなら、ともこちゃんみたいに容姿端麗でありたいと切に願う
  3. 健太くんが変な誤解をしないことを切に願う
  4. 幸せでありたいと切に願うのは当然だろう。
  5. 世界の平和を切に願う

「切に願う」と「切に祈る」の違いは?

切に願う」に似ている言葉に「切に祈る(せつにいのる)」があります。

切に祈る」の「祈る」は、
①神や仏に請い願う。神仏に祈願する。
②心から望む。願う。

という意味です。

切に祈る」は、心から望むということをいいます。

なので、「切に祈る」と「切に願う」は、心から望むという意味が同じです。

しかし、「祈る」に神仏に祈願するという意味があるので、「切に祈る」には、心から神に祈願するという意味があり、「切に願う」にその意味がない点が違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本