「機運を醸成する」の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【言葉】
機運を醸成する

【読み方】
きうんをじょうせいする

【意味】
行動を起こすのに良いタイミングやチャンスを得られる様に、少しずつ状況を作り上げていくこと。

【語源・由来】
「機運」は、時の巡りあわせ、何かをするのに良い時期といった意味を持つ言葉。
「醸成」は、発酵させて酒や醤油を作るという意味がよく知られていますが、ある状態が徐々に作り出されることという意味もある。

【類義語】
・盛り上げる
・活気付ける
・雰囲気作りをする

【スポンサーリンク】

「機運を醸成する」の使い方

健太
ともこちゃん、生徒会長になりたいと言っていたよね!今回の選挙で立候補してみたら?
ともこ
私はまだ1年生だし、生徒会長になるためには機運を醸成する必要があるの。だから、まだ立候補しないわ。
健太
そうなんだ!立候補するときは、応援するよ!僕に出来ることがあればなんでも言ってね!
ともこ
ありがとう!頼もしいわ。

「機運を醸成する」の例文

  1. 部署対抗運動会の開催が来週に迫ってきました。すでに機運は醸成されていて、社内ではとても盛り上がっています。
  2. プラスチックゴミ削減について、まだ対策に乗り出す企業は少ないようですが、機運が醸成されれば、すぐに広がりをみせるでしょう。
  3. 地域のフリマイベントを開催することになりましたが、このイベントをスムーズに運営するためには、住民の協力が不可欠です。今は機運を醸成することに専念しましょう。
  4. 新商品の発表に向けて機運を醸成していきたいので、君にも協力をお願いしたい。
  5. 私の意見はすぐには通らなかったので、機運を醸成する必要がある。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本