「気後れする」の意味と使い方や例文(類義語)

【言葉】
気後れする

【読み方】
きおくれする

【意味】
自信がなく、決心がつかずになかなか物事を行うことができない様子をいう言葉。

【類義語】
・気が引ける
・萎縮する(いしゅくする)

【スポンサーリンク】

「気後れする」の使い方

健太
昨日、サッカーの大会があったんだ。
ともこ
どうだった?試合に勝ったの?
健太
みんなの両親がきていて観客がたくさんいたから、気後れしてしまったんだ。だからいつもの力を発揮することが出来なかったよ。
ともこ
わかるわ。その気持ち。緊張すると私も上手くいかないことがあるから。

「気後れする」の例文

  1. 大勢の人の前での初めてのプレゼンは、気後れしてしまってうまく話せなかった。
  2. オシャレもせず、メイクをしない状態で彼に会うのは、気後れしてしまう。
  3. 好きなものを食べていいよと言ってくれたので、高級レストランでも気後れすることなく注文をすることができた。
  4. 友達がいきなり3000円のランチは安いと言い出して、気後れしてしまった。
  5. 受験会場に行ったら、誰もが賢く見えて気後れしてしまった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本