「黄色い声援」の意味と使い方や例文(類義語)

【言葉】
黄色い声援

【読み方】
きいろいせいえん

【意味】
女性や子供の甲高い声で応援をすること。

【類義語】
・狂喜乱舞(きょうきらんぶ)

【スポンサーリンク】

「黄色い声援」の使い方

健太
○○君は学校中の女子から人気があっていいな~。羨ましいよ。
ともこ
スポーツ万能だし、かっこいいから人気があるのも当然よ。
健太
1回でいいから女子の人気者になりたいな~。○○君に対してのあの黄色い声援、僕に向けてくれないかな~。
ともこ
残念だけど、そうなることはなさそうね。

「黄色い声援」の例文

  1. 今をときめく俳優が舞台挨拶をするということで、映画の試写会会場は黄色い声援で埋め尽くされた。
  2. 道を歩いていたらいきなり黄色い声援が聞こえて、有名人がドラマの撮影をしていることを知った。
  3. 女子に人気の彼は、廊下を通るだけで黄色い声援があがるので、彼がどこにいるかすぐにわかる。
  4. 静かだった会場に黄色い声援が上がり、コンサートの幕が上がった。
  5. この黄色い声援は、全て僕にたいしてのものだと知ったときは、嬉しくてたまらなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本