「敬遠されがち」の意味と使い方や例文(類義語)

【言葉】
敬遠されがち

【読み方】
けいえんされがち

【意味】
ある物事・人物が、嫌われて関わりを避けられる傾向があることを意味する。

【類義語】
・避けられがち
・嫌われがち

【スポンサーリンク】

「敬遠されがち」の使い方

健太
来週から学校祭についての委員会が始まるのに、クラス委員決めること出来なかったね。
ともこ
学校祭の準備は大変だし、居残りすることも多いから、みんなから遠されがちよね。
健太
そうだよね。僕も絶対やりたくないもんな~。
ともこ
健太君はなんの委員会も所属してないんだから、やるべきだと思うわ。

「敬遠されがち」の例文

  1. 最近なぜか、後輩の女の子から敬遠されがちなので、何か悪いことでもしたのかと気になっている。
  2. この道はとても狭くてトラック運転手からは敬遠されがちだったが、最近道が広くなったので通りやすくなったと評判だ。
  3. 引っ越しを頼むときに女性の業者は敬遠されがちだったが、今では、女性の利用者にとって安心してお願いできると人気なので、性別関係なく雇うようにしている。
  4. 露出度が高い服は、30代の女性に敬遠されがちだが、この商品はどんな女性でもチャレンジしやすいデザインになっているので、オススメです。
  5. このトレーニングメニューはとても大変なので、中年男性には敬遠されがちです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本