「敬意を表する」の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【言葉】
敬意を表する

【読み方】
けいいをひょうする

【意味】
相手に尊敬している気持ちを表すこと。

心の中で思っているだけではなく、相手に伝わるよう何かしらの動きがあることを表現する。

【語源・由来】
「敬意」は、相手を敬う心、相手を尊敬する気持ち。
「表する」は、態度や言葉によって表すということ。

【類義語】
・心服する(しんぷくする)
・一目置く(いちもくおく)
・リスペクトする

【スポンサーリンク】

「敬意を表する」の使い方

健太
家にあるパソコンを使っていたら、お兄ちゃんの大事なデータを消してしまったんだ~。どうしよう。怒られちゃうよ~。
ともこ
ここにデータがあるから、復元できるわよ!
健太
ともこちゃん、すごいよ!ありがとう!ともこちゃんのおかげでお兄ちゃんに怒られなくてすむから、敬意を表したい!
ともこ
そんなに感謝されるなんて、私も嬉しいわ。

「敬意を表する」の例文

  1. 大学の先生の講義に感動し、私は心から敬意を表した
  2. 両親の偉大さに気づき、改めて手紙を書いて二人に敬意を表した
  3. 長きにわたり私の子供を支えてくださったことに、心から尊敬と敬意を表します。
  4. 今回の企画は、敬意を表するに値するほど素晴らしかったと思います。
  5. 彼のおかげで大きな契約を結べたので、敬意を表したい
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本