「生計を立てる」の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【言葉】
生計を立てる

【読み方】
せいけいをたてる

【意味】
稼いで生活を維持するという意味。

【語源・由来】
「生計」は、暮らしを立てて行くための方法や手段を指す。
「立てる」は、安定した収入を持つということになる。

【類義語】
・日々を過ごす
・生活する
・生活を維持する
・暮らしを立てる

【スポンサーリンク】

「生計を立てる」の使い方

ともこ
将来パパとして健太君にも生計を立てるときがくるのよね~。なんだか想像できないわ。
健太
僕は、仕事なんてしたくないし、仕事したってきっとミスばっかりするし、稼ぐことなんて出来ないよ。
ともこ
わからないわよ!大人になったら考え方が変わってバリバリ働いているかもしれないわよ。
健太
僕にはそんな未来は見えないよ~。

「生計を立てる」の例文

  1. 私は子供が生まれてすぐにシングルマザーになったけれど、養育費などは貰わず、自分で生計を立てて子供を育てた。
  2. 大学生になって一人暮らしを始めたら、生計を立てるのに必死で遊ぶ時間がなくなってしまった。
  3. 税金があがってせいで生計を立てるのも大変だ、と飲んだ席で彼は愚痴を呟いた。
  4. 生計を立てることしか考えられていないので、彼にはたまに息抜きが必要だと思う。
  5. 生計を立てることが出来ているのは、お父さんのおかげだとお礼のプレゼントをした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本