「正確を期する」の意味と使い方や例文(類義語)

【言葉】
正確を期する

【読み方】
せいかくをきする

せいかくをごするとも読む。

【意味】
少しの間違いもないように正しくするということ。

【類義語】
・十二分に注意する(じゅにぶんにちゅういする)
・万全を期する(ばんぜんをきする)

【スポンサーリンク】

「正確を期する」の使い方

健太
昨日、先生に頼まれていた作文を提出したんだけど、誤字脱字が多いから返されちゃったよ~。
ともこ
ちゃんと確認してから提出しなかったの?正確を期する為には、1回チェックしただけではダメよ。
健太
絶対間違いなんてないと思ったから、確認なんてしなかったよ~。
ともこ
今度からは気をつけなさいよ!

「正確を期する」の例文

  1. 正確を期する為には、二度、三度とのチェックが必要だと上司に教わった。
  2. そこまで正確を期する必要はないので、気楽に考えて構わないと言ってもらい、緊張がほぐれた。
  3. 私が作った書類はいつも正確を期する為に、先輩に確認してもらう。
  4. 正確を期するのは、何回も経験してからでなければ出来ないと思う。
  5. 正確を期する方法は、目視だけではなく、声にだすことも大事だと教わった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本