「悔い改める」の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【言葉】
悔い改める

【読み方】
くいあらためる

【意味】
犯してしまった過ちを反省後悔して心を入れかえる、改心をするといった意味。

ちょっとしたミスの場合に「悔い改める」という言い方をすると、大袈裟だと捉えられる。

【語源・由来】
「悔」は、失敗や過ちをくやむこと、くやしく思うと言った意味。
「改」は、古いものをやめて新しくする、変える、直すなどの意味を持つ漢字。

【類義語】
・反省する
・後悔する

【スポンサーリンク】

「悔い改める」の使い方

健太
昨日、○○君が僕の事をバカにしてきたから、○○君が大事にしていたおもちゃを壊してやったんだ!
ともこ
健太君、なんてことをするの?そんなことするなんて、ひどいじゃない!
健太
だって先にバカにしてきたの○○君なんだよ!僕はやり返しただけだ!
ともこ
ちゃんと○○君に謝って、仲直りして悔い改めなさい

「悔い改める」の例文

  1. 彼女は謝罪をしてきたが、そのふてぶてしい態度を見る限り悔い改めたとはとても思えない。
  2. 聖書に出てくる悔い改めよという言葉の意味は心を神に向け、神のもとに立ち返るという意味だと祖父から聞いた。
  3. 自分の罪を悔い改め、神様の許しを求めようと教会に行った。
  4. 彼らは自分たちのミスを悔い改め、記者会見を開き、謝罪の気持ちを伝えた。
  5. 罪を悔い改めるために、自ら警察署へ出頭した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本