「悔悟の念」の意味と使い方や例文(類義語)

【言葉】
悔悟の念

【読み方】
かいごのねん

【意味】
自分のしたことや悪かったことを気づき、後悔し、改めようとすること。

【類義語】
・後悔
・懺悔(ざんげ)
・慙愧の念(ざんきのねん)

【スポンサーリンク】

「悔悟の念」の使い方

健太
今日○○君と喧嘩してすごく腹が立ったから、おもわず殴ったんだ。
ともこ
殴ることはいけないことよ。原因がなんであろうと、ちゃんと話し合って解決しなきゃ。
健太
そうだよね。悔悟の念が胸に込み上げてきたよ。
ともこ
明日ちゃんと○○君に謝って仲直りしなきゃ。

「悔悟の念」の例文

  1. 算数のテストをカンニングして100点を取ったが、悔悟の念に苛まれた。
  2. 私は悔悟の念を示すために、丸坊主にして会社に向かった。
  3. 親に悔悟の念を示しなさいと言われ、証明しようと行動を改めた。
  4. クラスの女の子がいじめられているの見て見ぬふりをしたので、家に帰ってから、悔恨の念が胸にこみ上げる。
  5. 体育の授業で、ライバルのあの子にわざと怪我をさせてしまい、悔恨の念に打ちひしがれる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本