「他愛もない」の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【言葉】
他愛もない

【読み方】
たわいもない

「たあいもない」とも読む。

【意味】
①正体がない、意識がはっきりしない。
②考えが浅い、思慮分別がない。
③張り合いがない。

【語源・由来】
「たわい」は、思慮分別、しっかりとした態度という意味の言葉。

【類義語】
・簡便
・重要でない
・大人気ない

【スポンサーリンク】

「他愛もない」の使い方

健太
いつもお母さんたちって長時間、立ち話をしているよね。なにを話してるんだろう?
ともこ
きっと他愛もない話をしているのよ。
健太
よくあんなに話せるよな~。毎日会ってるのに話題が尽きないのが凄いよ。
ともこ
そうよね。私も将来あんな風になるのかしら。

「他愛もない」の例文

  1. 他愛もない毎日がただ流れ、自分の生きている意味を考えた。
  2. 偶然昔仲良かった友達と出会い、久々だったにも関わらず、カフェで他愛もない話をした。
  3. 深刻な悩みを打ち明けられたが他愛もない内容だと思ったので、適当なアドバイスをしてしまった。
  4. 昨夜は飲み過ぎてしまい、他愛もなく寝たが、ちゃんと化粧を落としていた。
  5. せっかくの野球の試合を見に行ったのに、他愛もない試合だったのでがっかりだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本