「強いる」の意味と使い方や例文(類義語)

【言葉】
強いる

【読み方】
しいる

【意味】
相手の意向を無視して、むりにやらせるという意味。

【類義語】
・強制する
・押し付ける
・脅迫する
・強要する
・圧力をかける

【スポンサーリンク】

「強いる」の使い方

健太
○○君は頭がいいから、今日の僕の宿題をやってもらうんだ。勝手に机に置いてきちゃった!
ともこ
そんなことを○○君に強いるのはよくないわ。宿題なんだから、ちゃんと自分でやらなきゃ意味がないわ。
健太
きっと○○君は頭がいいからすぐ終わると思うんだよ。だからいいんだよ!
ともこ
○○君はやってあげるなんて一言も言ってないのよね?押しつけるみたいでよくないわよ。

「強いる」の例文

  1. この人は自分のいいと思った事は、何事に拘らず他人に強いる癖がある。
  2. 悪いことばかりする息子なので、母は海外留学を強いる
  3. 知らない土地での一人暮らしは、知らず知らず緊張を強いるものであったのだろう。
  4. 私の為にそこまでの犠牲を強いることはできない、と彼女は言った。
  5. 上司にそんなことまで強いられる覚えはないと言ってしまった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本