「早速のご返信」の意味と使い方や例文(類義語)

【言葉】
早速のご返信

【読み方】
さっそくのごへんしん

【意味】
仕事で忙しい中、すぐに対応してもらったことに対して、相手に感謝の意を伝えたい場面で使われる。

【類義語】
・迅速
・早急
・早々
・取り急ぎ

【スポンサーリンク】

「早速のご返信」の使い方

健太
明日の数学のテストについて、範囲を確認したいので、メールの返信待ってます。
ともこ
健太君、明日のテストの範囲は、10ページから20ページまでです。
健太
早速のご返信ありがとうございます。これで勉強再開できます。
ともこ
とんでもないです。お互い頑張りましょう!

「早速のご返信」の例文

  1. 面接していた会社からすぐに合格のメールが来たので、早速のご返信ありがとうございます。とメールを送り返した。
  2. 出先でお忙しいところ、早速のご返信ありがとうございます。
  3. 夜遅くお疲れのところ、早速のご返信ありがとうございます。
  4. 悩んでいた企画について、早速のご返信ありがとうございます。
  5. 早速のご返信を頂けるなんて思ってもいませんでした。ありがとうございます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本