「お忙しいところ恐縮ですが」の意味と使い方や例文

【言葉】
お忙しいところ恐縮ですが

【読み方】
おいそがしいところきょうしゅくですが

【意味】
忙しいのに申し訳ないですがといった意味を持つ敬語表現。

【スポンサーリンク】

「お忙しいところ恐縮ですが」の使い方

ともこ
○○ちゃんの誕生日パーティーを来週開催します。
健太
もしかしたら用事があるかもしれないので、スケジュールを確認してみます。
ともこ
お忙しいところ恐縮ですが、参加できるかどうか今日中にお返事をいただけますと幸いです。
健太
わかりました。家に帰ったらすぐに連絡します。

「お忙しいところ恐縮ですが」の例文

  1. お忙しいところ恐縮ですが、もう一点確認していただきたいことがございまので、今日中にお返事をいただけますと幸いです。
  2. お忙しいところ恐縮ですが、今週中にこの件についてご返信していただけますと幸いです。
  3. お忙しいところ恐縮ですが、本日の打ち合わせは13時からにさせていただきます。
  4. お忙しいところ恐縮ですが、先日ご連絡させていただいたパーティーの参加可否について、ご返信いただけますでしょうか。
  5. お忙しいところ恐縮ですが、電話の折り返しは20時までにしていただけると有難いです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本