「小一時間」の意味と使い方や例文(類義語)

【言葉】
小一時間

【読み方】
こいちじかん

【意味】
約一時間、一時間弱という意味。

【類義語】
・一時間
・約一時間

【スポンサーリンク】

「小一時間」の使い方

健太
今日、僕が授業中に居眠りをしていたから、放課後小一時間先生に説教されたんだよ。
ともこ
それは、居眠りをしていた健太君が悪いわね。なんで居眠りなんてしたのよ。
健太
それは、昨日遅くまでゲームをしていたからなんだ。悪いとは思っているけど、あんなに怒らなくてもいいのに~。
ともこ
反省して明日からはちゃんと勉強頑張るのよ!

「小一時間」の例文

  1. 待つことが嫌いなのに、小一時間待たされて、イライラがとまらない。
  2. 雨が降ったので、本屋さんで小一時間雨宿りしようと思った。
  3. 何回も注意されていたことをまた間違えてしまったので、先輩に小一時間説教された。
  4. 彼女はうちに来てから小一時間、新しくできた彼との惚気話を話続けた。
  5. 旦那と喧嘩して、家出してから小一時間経ったが、心配の連絡がこないので、何事もなかったかのように帰ることにした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!語彙力を高める本